水素水と同じ効果の水素ガスを産生する腸内細菌

体の錆や老化に繋がる活性酸素は、水素水で取り除くことができます。

糖尿病や高血圧などになっている人も、活性酸素が悪い働きを行い原因になっている場合があるので、不必要な活性酸素をなくすことで改善が期待できます。

人の体は水素水と同じ働きをする水素ガスを、体内で生み出しています。

腸内細菌が大量に産生していて、腸から吸収されたガスが体内を巡り、病気の改善や抑制を行ってきています。

腸内細菌を無くさせて水素ガスが発生しなくなったマウスは病気が悪化することが分かっていて、体内で水素水と同様に活性酸素を消していることが証明されています。

腸内細菌もバランスが大切で、善玉菌が多く悪玉菌が少ない環境だと水素ガスも十分にできて効果が期待できますが、悪玉菌ばかりになってしまうと効果がほとんどないため、ヨーグルトなどを食べて乳酸菌を増やし、腸内細菌のエサとなるオリゴ糖なども摂取するようにすれば菌の数も増えて、自分の力で水素ガスを出すことができます。

食物繊維も腸内環境を整えるときには大切で、排便を促すためには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のどちらも食べることが大切です。

普段便秘気味の人が不溶性食物繊維だけ食べてしまうと、腸の中で余計に溜まってしまい、便秘を悪化させてしまうことがあるため気を付ける必要があり、ボール状にどんどん肥大化していってしまう人がいます。

腸内細菌のバランスが悪い間は、水素水に頼るようにすると良いです。

水素水には腸内の老廃物を出すことができる働きもあります。

老廃物が溜まりすぎていると、水素水を飲み始めたときに下痢になることもあり、腸内環境が整えば自然とおさまってきます。

体調を良くしたいからと飲みすぎてしまうのも良く無く、過剰に摂取しすぎると吸収されずにそのまま排出されるため、頻繁に尿意を催したり、軟便や下痢になることもあります。

水素水の保存方法を誤るとただの水になってしまうので、購入する際には保存に関する注意をよく読みましょう。