いつもの水を水素水にかえるだけでアンチエイジング

アンチエイジング、つまり老化予防に効果的なのが水素水です。

これは通常よりも水素の含有量が多い水のこと。

無色透明で無味無臭で非常に飲みやすいのですが、アンチエイジングに高い効果を実感できるのです。

老化現象と言いますが、その原因は細胞レベルでの機能低下です。

なぜそうなるか、それは増えすぎた活性酸素が原因です。

通常であれば細胞を細菌やウイルスから守る大事な役目の活性酸素ですが、増えすぎると問題です。

細胞膜には油分が含まれますが、それと酸素が反応して過酸化脂質としてしまうのです。

例えるなら台所でこびりついた茶色い油汚れ、これが過酸化脂質です。

私たちの体の中でこういった現象が起こっていることが老化現象の原因なのです。

ここで水素水は大きな役目を果たします。

水素が酸素と反応して活性酸素をなかったことにしてくれるのです。

酸化を防ぐ抗酸化物質はポリフェノールやカテキンなどが知られますが、その中でも水素水の抗酸化力は非常に強いことで知られています。

しかも水素水は毎日の生活に取り入れやすいのでアンチエイジングに最適なのです。

水素水をアンチエイジングに用いる方法として、いつものミネラルウォーターにかえて飲むのが最も簡単です。

ドラッグストアや通販で購入できますが、とりあえず試したいならアルミパウチのものがいいでしょう。

作る手間がなくふたを開けたらすぐ飲めるので便利です。

これで試してよければサーバータイプなどで本格的に始めてもいいでしょう。

薄毛にお悩みの方は水素水を利用しましょう

40代後半になると、薄毛が目立つ男性が増えてきますが、女性も男性ほどではないにせよ、毛の一本一本が細くなったり、抜けやすくなっていくので、ふんわりとしなくなり、ヘアスタイルが決まらなくなっていきます。

そのため髪の毛をふんわりとさせるためのシャンプーやトリートメントも売られているぐらいですが、薄毛の根本的な解決にはならないので、悩んでいる方は最近美容業界で注目を浴びている、水素水を利用するようにしましょう。

髪の毛が抜けやすくなり、薄くなる原因は、生活習慣の乱れや喫煙など色々ありますが、悪玉活性酸素がかかわっているとも言われています。

紫外線や整髪料などにはいくつもの化学物質が含まれていますが、これが髪の毛の内部の水分と反応すると、ヒドロキシルラジカルという悪玉活性酸素が発生し、髪の毛や頭皮に良くない影響を与えてしまいます。

悪玉活性酸素により毛母細胞が傷つくので、太くて丈夫な、健康的な髪の毛が作れなくなるのです。

切れ毛や枝毛といったダメージヘアの原因になりますし、簡単に抜けやすくなるので、放っておくと薄毛の状態が悪化していくでしょう。

水素水には悪玉活性酸素を除去する効果があるので、スプレーボトルなどに入れて、髪の毛に霧状に吹きかければ、ダメージヘアの原因を取り除くことが出来ます。

育毛シャンプーの多くは、血行を促し、髪の毛や毛髪を作るために必要な栄養を与えるものですが、水素水は悪玉活性酸素を除去して、細胞や髪の毛自体を健康的にする効果があるので、まったく違う作用になります。

育毛シャンプーと水素水を併用すれば、効果が高いので、薄毛に悩んだときは試すとよいでしょう。

また、髪の毛や頭皮に水素水を吹きかけると、頭皮や髪の毛に水分が補充されるので、乾燥対策にもなります。

年齢を重ねると、髪の毛や頭皮から水分が失われ、パサつきやすくなりますが、スプレーボトルを使って水素水で保湿すれば、うるおいたっぷりの、まとまりやすいヘアスタイルになれるでしょう。

水素水が美肌やダイエットに良い仕組み

水素水は水素水サーバーなどの装置で水素を水に溶かして水素の割合を高くしたもので、仕組みは水道水とあまり変わりません。

水道水の水に圧力を加えて水素を凝縮させたり、マグネシウムに化学反応を起こさせて水素を凝縮させた水が水素水です。

水素の濃度は違いますが、普通の水と成分は同じです。

仕組みとしては炭酸水をイメージしていただけると良いでしょう。

炭酸も気体ですが、水に溶けると炭酸水になります。

ですから時間が経つと気体に戻るので炭酸が抜けるという事が起こるのです。

水素水も同じで時間が経つと水素の濃度が薄くなり普通の水に近くなります。

水素水は水素が持つ抗酸化作用や還元力によって、20種類以上の疾患や症状に効果があると医学的に証明されています。

特に女性に嬉しいのが、美肌やダイエットに良いと言われています。

少し前まではジムやエステなどで手に入れるイメージでしたが、今では水素水サーバーやステックで家庭でも作る事ができます。

生きていく上で人間は老化の原因となる活性酸素を作り出します。

活性酸素は肌の老化や代謝を低下させるので、太り安い原因になります。

老化の原因となる悪玉活性酸素と結び付き尿で体外に排出してくれるので美肌に導いてくれるのです。

さらに体力の低下を助けてくれる効果があるので、運動で筋肉が付きやすくなり代謝をアップさせてくれるのです。

そのため、体重は変わらなくてもよりスリムに見えるようになります。

水素水を飲む事で代謝が良くなりアンチエイジングにも効果が期待できるという仕組みです。

活性酸素は体を良く動かした方が生成されます。

ダイエットの為に運動しているのに活性酸素を溜めてしまい、代謝を低下させたり肌を老化させてしまっては意味がありません。

ダイエットや美容に気を使っている方は水を飲むようにしている事が多いと思いますが、普段飲んでいるお水を美肌効や代謝をアップさせてくれる水素水に変えればより効果的というわけです。

水素水と同じ効果の水素ガスを産生する腸内細菌

体の錆や老化に繋がる活性酸素は、水素水で取り除くことができます。

糖尿病や高血圧などになっている人も、活性酸素が悪い働きを行い原因になっている場合があるので、不必要な活性酸素をなくすことで改善が期待できます。

人の体は水素水と同じ働きをする水素ガスを、体内で生み出しています。

腸内細菌が大量に産生していて、腸から吸収されたガスが体内を巡り、病気の改善や抑制を行ってきています。

腸内細菌を無くさせて水素ガスが発生しなくなったマウスは病気が悪化することが分かっていて、体内で水素水と同様に活性酸素を消していることが証明されています。

腸内細菌もバランスが大切で、善玉菌が多く悪玉菌が少ない環境だと水素ガスも十分にできて効果が期待できますが、悪玉菌ばかりになってしまうと効果がほとんどないため、ヨーグルトなどを食べて乳酸菌を増やし、腸内細菌のエサとなるオリゴ糖なども摂取するようにすれば菌の数も増えて、自分の力で水素ガスを出すことができます。

食物繊維も腸内環境を整えるときには大切で、排便を促すためには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のどちらも食べることが大切です。

普段便秘気味の人が不溶性食物繊維だけ食べてしまうと、腸の中で余計に溜まってしまい、便秘を悪化させてしまうことがあるため気を付ける必要があり、ボール状にどんどん肥大化していってしまう人がいます。

腸内細菌のバランスが悪い間は、水素水に頼るようにすると良いです。

水素水には腸内の老廃物を出すことができる働きもあります。

老廃物が溜まりすぎていると、水素水を飲み始めたときに下痢になることもあり、腸内環境が整えば自然とおさまってきます。

体調を良くしたいからと飲みすぎてしまうのも良く無く、過剰に摂取しすぎると吸収されずにそのまま排出されるため、頻繁に尿意を催したり、軟便や下痢になることもあります。

水素水の保存方法を誤るとただの水になってしまうので、購入する際には保存に関する注意をよく読みましょう。